東北に拠点を置くモトクロスチーム「ナリタレーシングチーム」の公式サイトです。

全日本選手権第5戦(#922)

IA2 #922 古賀 太基

予選 A組

グリッド1番手、イン側よりからのスタート。
スタート反応良く出だしも良かったですが、1コーナーの突っ込みのギャップで失速してしまい4番手あたりで2コーナー通過。
オープニングラップに2番手までポジションアップ。
その後トップのライダーを追うも、ミスがありなかなか追いつくことができませんでしたが後半うまく走ることができ後半にトップに浮上。
そのままトップでゴール。

決勝ヒート1

グリット1番手。
イン側からのスタート。
スタート反応良く、ホールショット争いするも、2番手。
オープニングラップ2番手で通過しトップのライダーを追うも、3周目に転倒。
復帰に少し時間がかかり、6番手あたりまでポジションダウン。
その後は前だけを追いなんとか3番手までポジション上げることができ、L2で2番手のライダーが見え、2番手のライダーに迫るが抜くことはできずに3番手でチェッカー。

決勝ヒート2

グリット1番手。
イン側からのスタート。
スタート反応まずまずで1コーナ、3番手。
オープニングラップにポジション1つアップし2番手で通過。
その後トップを追うも、なかなか上手く走ることができずミスなども多発してしまい、トップとの差は広がってしまいました。
ミスをなく、転けないようにと意識して走り、残り時間も終盤に近く、ラスト2周に入ったところで、マシントラブル。
何度もキックをふみ、色々と手探りしましたがバイクは最後まで復帰してくれずリタイヤ。

レースを終えて

今大会、藤沢大会は乗り込みもしっかりでき、準備の整って迎えた大会でした。
ヒート1、転倒がありトップとのバトルはできず悔しいレースでしたが最低限の表彰台までは追い上げることができたのでまずまずでした。
ヒート2、勝つつもりで挑んだヒートでしたが、スタート前の豪雨によりマディーコンディションで、難しいコンディションでのレース展開でなかなか思うように乗れずトップとのバトルはできませんでした。
そして誰も予測してなかったマシントラブルに見舞われてしまいリタイヤとなりました。
レースは何が起こるかわからないですし、仕方ないです。
ノーポイントに終わりましたがランキングは+8ptでトップ。
点差に余裕がなくなりましたが、折り返しの4戦全勝するつもりで挑みますので今後ともサポート、応援の程よろしくお願いします。

ホンダさんを始め、TeamN.R.Tオーナーの成田さん、監督、メカニックの藤本さんスポンサー各社様、応援しただいてる方々今回のご支援、ご声援本当にありがとうございました。

2017全日本モトクロス選手権第5戦藤沢スポーツランド

管理者 • 2017年7月19日


Previous Post

Next Post