東北に拠点を置くモトクロスチーム「ナリタレーシングチーム」の公式サイトです。

全日本エンデューロ選手権第2戦(#4)

IA #4 釘村 忠

総合結果:1位(テスト8回/全テスト1位)

開催日:6月18日(日曜)
コース:コスモスポーツランド
天気:晴れ
参戦クラス:IAクラス
参戦マシン:HONDA(CRF450RX)

紫陽花の花も美しく咲きだした頃、全日本エンデューロ選手権第2戦が初開催となるコスモスポーツランドで開催されました。
コスモスポーツランドは、以前モトクロス選手時代に何度か走った事のあるコースでしたが、エンデューロコースを走るのは初めてでしたので、とても楽しみでした。

前日の土曜日にテストを計測するコースの下見をしました。
全長約4キロのコースとなり、前半はテクニカルなウッズ、中盤から後半にかけて林道の様なセクションや、モトクロスコースを使ったレイアウトでした。
下見を終えた感想は、転倒しやすいハードな路面でバンクをうまく使いスピード落とさず、コーナーとコーナーの繋がりを意識し、全体のアベレージスピードを上げた作戦でレースに挑みました。

また、前回のテージャスランチ終了後、メカニックの肥後さんの協力で前回の改善点を見直し、よりタイムが出せるマシン造りをし、とても良い状態でレースに挑むことができました。
1周目は変則的なレイアウトで下見→ルート→テストと言う感じでしたので、マシンの状況や体の調子などを感じながらテストに挑みました。
いざアタックしてみると、体がほぐれていないのか思う様に体が動かず、リズムよく走る事が出来ませんでしたが、ミスしない様にコーナースピードを落とさない様な走りで、5分13秒台でトップタイムを出せました。
2周目に入り、コースも大体覚え本格的にアタックしました。
1周目よりも4秒差を縮め5分9秒台
テストを終え、ピットに戻り2周目に感じたサスペンションの動きが少し動きやすいフィーリングでしたので、クリックで仕様を変更して3周目に挑みました。
仕様変更は良く自分のリズムに合ったサスペンションの動きをしてくれ、この日のベストタイムとなった5分4秒台
1周目からは9秒も縮める事ができました。
4周目少しミスしてしまい、ベストタイムの2秒落ち
続く5周、6周目は集中して走る事ができましたが、ベストタイムを更新する事が出来ませんでした。
7周、8周目は徐々に荒れてきた路面に対応できず、細かいミスをしてしまい少し悔いが残るタイムとなりました。
ですが今回は毎テスト、集中して走る事ができ大きなミスもなく、ずっと目標にしていた全テスト1位という目標を達成できたのはとても嬉しく思います。
課題はタイム計測の1周目のタイム短縮やベストタイムから3秒以内でタイムを出すような練習方法を考え、取り組んでいきたいと思います。

今回の結果が出せたのも、ライバルであり尊敬できるライダー、鈴木健二選手に負けたくない。と言う気持ちがあったからこその結果だと思います。

また自分の思うような走りをさせてくれた、HONDACRF450RXの戦闘力には本当に助けられました。
そして、レースする上で応援してくださるN.R.T.のオーナー成田選手をはじめ、ダートフリーク様、テクニクス様、ダンロップ様、アライヘルメット様、レイバーペイントメント様、DID様、マッドフィッシュデザイン様、ISA様、NGK様、SHOWA様、CARRY様、MXEE様、木工房KAZUKI様、ファイブスピード様、そして株式会社ミヤキ、N.R.Tの藤本さん、メカニックの肥後さん、家族、応援してくださった皆様に心よりお礼を申し上げます。

今回の走りは日本では良いと思いますが、世界に通用しないと思うので、もっと技術を高め、もう一段階上のレベルで走れる様努力したいと思います。

次戦は9月16日、17日に、北海道日高町で開催されます、日高2daysエンデューロです。
皆様の熱い応援宜しくお願いします!

釘村 忠
公式結果(HP):2017MFJ 全日本エンデューロ選手権ROUND2 中日本大会/a>

2017JECコスモスポーツランド

管理者 • 2017年6月22日


Previous Post

Next Post