東北に拠点を置くモトクロスチーム「ナリタレーシングチーム」の公式サイトです。

全日本選手権第3戦(#922)

IA2 #922 古賀 太基

予選 A組

グリッド1番手、真ん中からのスタート。
出だしから遅れてしまいスタートミスるも1コーナー、2コーナーで上手く抜け出すことができ4番手あたり。
オープニングラップにトップまでポジションあげ、その後自分のペースを作ることができ後続とも10秒以上のアドバンテージをもちいいリズムで予選トップ通過。

決勝ヒート1

グリット1番手。真ん中からのスタート。
スタートまずまず1コーナー2番手で抜け出し、オープニングラップ2番手。
序盤トップのライダーを様子見て走ってましたがトップのライダーが転倒。
すぐにトップに上がり、自分のペースを作ることを心がけ走ってましたがミスも多々あり後続との差は広げられることができず後半激しいトップ争いへ。
L3までトップを死守するも、バトルで転倒。
すぐに復帰でき、トップのライダー見えてましたがトップの背後まで迫ることができず2番手でフィニッシュ。

決勝ヒート2

グリット1番手。真ん中からのスタート。
スタート反応まずまず。1コーナー4番手あたりで通過しオープニングラップに3番手までポジションアップ。
その後、2番手のライダーを攻略するのに時間がかかってしまい、4周目あたりに2番手へ浮上。
しかし、2番手へ浮上した時にはトップのライダーはかなり逃げられてしまい、差を詰めようとプッシュするもトップのライダーのタイムを上回ることはできず、トップのライダーと同じペースになってしまい差を縮めることができずレースは後半へ。
ラスト10分のサインが出たところでもう一度プッシュ。
少し差を縮めることはできましたが背後まで迫ることはできず2番手でチェッカー。

レースを終えて

今大会、広島大会はしっかり準備もでき勝つつもりで挑んだ大会でした。
ヒート1、レース終盤までトップ争いを展開してましたが接触により転倒してしまいました。
ヒート2、前半2番手のライダーを攻略するのに時間をかけ過ぎたのが敗因の一部だと思います。
結果は両方とも2位と、負けてしまいましたがヒート1ヒート2ともにとても勉強になったレースでした。
スポット参戦してきた勝谷さんは本当に隙がなく強かったです。悔しいですが次また参戦してもらって次こそは勝ちたいと思います。
次戦まで時間は少ないですがやれることをやり菅生大会に向けてトレーニング、練習に励みたいと思いますので今後とも応援の程よろしくお願いします。

ホンダさんを始め、チームオーナーの成田さん、監督、メカニックの藤本さんスポンサー各社様、応援しただいてる方々今回のご支援、ご声援本当にありがとうございました。

2017グリーンパーク弘楽園全日本モトクロス選手権第3戦

管理者 • 2017年5月24日


Previous Post

Next Post