東北に拠点を置くモトクロスチーム「ナリタレーシングチーム」の公式サイトです。

全日本エンデューロ選手権第1戦(#4)

IA #4 釘村 忠

総合結果:1位

開催日:5月7日(日曜)
コース:テージャスランチ
天気:晴れ
参戦クラス:IAクラス
参戦マシン:HONDA(CRF450RX)

初夏の風が吹く5月初旬、全日本エンデューロ選手権、第1戦が広島県テージャスランチで開催されました。

前日、コース下見をしましたが、とても難しいセクションが多く、ワンミスやラインミスでタイム差が大きく変わるコース設定だと感じました。

レース当日、パルクフェルメにバイクを入れ、いよいよスタートです。
1周目、タイムアタックはなく、コース下見やマシン、体の調子を見ます。
少し体に硬さがありましたが、ルートで体を温め2周目に備えます。
2周目からタイムアタックですがミスしない様、慎重に攻めて走りました。
タイムは2位に10秒以上マージンを気づく事ができトップタイムでしたが、まだまだ攻めきれない走りでした。
3周目からペースを上げましたが、前を走っているライダーがスタックし自分も同じ所でスタックしてしまい、3位とトップと8秒ほど離されてしまいました。
残り4周、1回のテストで2秒以上離してトップタイムを出し続ければ最後に1位になれると計算し、自分のいい走りをイメージし4周目に入りました。
周遅れがいる中、ベストな走りができトップタイムで3秒詰まりました。
残り5秒、、、
スタートゲートで一呼吸し、集中してテストに入ります。
細かいミスもありましたが、トップタイムを出すことができ、一気に逆転し、9秒のマージンをとる事ができました。
気温が上がり、体力が消耗される中、ルートで出来るだけ、楽な走りを心掛け体力を温存し、テストに向かいます。
残り2周も集中し、ミスなく走れ、トップタイムが出ました。
ラスト1周、クリアラップが取れると思い、イメージしてテストに挑みました。
ほぼミスなく走れ、タイムも今までの10秒もタイムを縮める事ができました!

合計で2位に23秒の差をつけることができ、1位をとる事ができました。
今回はCRF450RXに不利なコースだと思っていましたが、エンジンの扱いやすさ、車体が軽快に曲がってくれ、戦闘力の高さにビックリしました。

そして、レース参戦にあたりオーナーの成田さんをはじめ、HONDA様、ダートフリーク様、テクニクス様、ダンロップ様、アライヘルメット様、レイバーペイントメント様、DID様マッドフィッシュデザイン様、ISA様、NGK様、SHOWA様、CARRY様、MXEE様、木工房KAZUKI様、ファイブスピード様、モトワークス様、そして株式会社ミヤキ、N.R.Tの藤本さん、メカニックの肥後さん、家族、応援してくださった皆様に心よりお礼を申し上げます。

次戦は6月18日に、コスモスポーツランドで初開催されます。
皆様の熱い応援宜しくお願いします!

釘村 忠
公式結果(HP):2017MFJ 全日本エンデューロ選手権ROUND1 広島大会/a>

2017JECテージャスランチ

管理者 • 2017年5月11日


Previous Post

Next Post