東北に拠点を置くモトクロスチーム「ナリタレーシングチーム」の公式サイトです。

全日本選手権第2戦(#922)

IA2 #922 古賀 太基

予選 A組

グリッド1番手、イン側よりからのスタート。
スタートゲート越えてからフロントが浮いてしまい大きく遅れてしまい1コーナー通過時には最後尾あたり。
オープニングラップに5番手までポジションあげ、その後着実に前のライダーをパスしていき、L3辺りで2番手までポジションアップ。
トップとの差は大きく離れてしまいパスできずに2番手でチェッカー。

決勝ヒート1

グリット3番手。イン側よりの真ん中あたりからのスタート。
スタートまずまず1コーナー4.5番手で通過しオープニングラップに2番手まで浮上。
その後トップのライダーを追いかけるもうまく自分のペースをあげることができずに後方のライダーに詰め寄られてしまう。
後方のライダーと少しバトルするもペースが上がらず抜かれてしまい3番手へポジションダウン。
トップのライダーとは離されてしまい単独の3番手となり、3番手でチェッカー。

決勝ヒート2

グリット3番手。イン側よりの真ん中からのスタート。
スタート反応まずまず。1コーナー4.5番手あたりで通過しオープニングラップに2番手までポジションアップ。
その後トップのライダーを追い、レース中盤に近づいたところでトップに浮上。
トップにたち後続のライダーを引き離しにかかるも、うまくペースも上がらず接近戦の状態でした。
そして、レースもラストラップに入りトップを走るもフープス後のコーナーで後続のライダーからイン側から押し出されてしまい接触。
接触した際に転倒してしまい3番手までポジションダウン。
そのまま3番手でチェッカー。

レースを終えて

今大会、関東大会は事前練習に激しく転倒してしまい身体にダメージを負って迎えた大会でした。
ヒート1ヒート2ともに大きく落とすことはなかったですがヒート2ラストラップでの詰めの甘さを痛感しとても悔しい思いをしました。
しかし、準備不足で迎えた割には自分の思ってた以上に走れてたのでそこは良かったかなと思います。
ランキングも1ポイント差でトップをキープできてるので今大会の悔しさを噛み締めて次戦の広島大会に向けてトレーニング、練習に励みたいと思いますので今後とも応援の程よろしくお願いします。

ホンダさんを始め、チームオーナーの成田さん、監督、メカニックの藤本さんスポンサー各社様、応援しただいてる方々今回のご支援、ご声援本当にありがとうございました。

2017オフロードヴィレッジ全日本モトクロス選手権第2戦

管理者 • 2017年4月25日


Previous Post

Next Post