東北に拠点を置くモトクロスチーム「ナリタレーシングチーム」の公式サイトです。

ジャパンナショナルクロスカントリー選手権(JNCC)第1戦

AA-1クラス 3位

#37

開催日:3月19日(日曜)
コース:プラザ阪下
天気:晴れ
参戦マシン:HONDA(CRF450RX)
jncc1_2

2017年春 桜前線が北上する3月中旬
いよいよレースシーズンが幕を開けました。
今年の参戦車両は昨年フルモデルチェンジし戦闘力がUPしたHONDA CRF450RX
昨年と違うのは、JEC全戦と今回出場したJNCCへの参戦です。
スポットではありますが、まずは第1戦(プラザ阪下)へ出場しました。
久しぶりのJNCCへ参戦。
今まで、あまり得意でなかったJNCCでしたが、HONDA CRF450RXとの相性も良く、実力を試す絶好の機会という事で参戦する事に。

開催場所は昨年JECも開催された、大阪府河内長野市にあるプラザ阪下
このプラザ阪下は河内長野駅から徒歩でも行ける唯一無二の貴重なコースです。
コースの難易度は優しく設定されており、走りやすい印象。
スタートは旗を振ってエンジンを始動し一斉にスタートするGNCC方式
旗を振るまでの静けさは何とも言えない独特の雰囲気で周りの緊張感が伝わってきます。
レースは2列目スタートと言う事で不利ではありますが、3時間と長いレースを考えれば落ち着いてスタートすればいいと思い少し余裕をもってスタートしました。
1コーナーを10番手あたりで抜け、前の早いライダーのラインを見て初めの1時間は様子を見て走る作戦です。
まずは、体とマシンの調子を見ながらマイペースで走りました。
1周目を終え5位で通過
1周9分30秒前後で走り5周目に4位に
そこから前の鈴木選手と同じ様なペースでしたが、1時間過ぎから少しずつ離され、30秒以上の差になりましたが迅速な給油対応や鈴木選手のトラブルにより一気に差が縮まり、14周目に3位に浮上しました。
3位に浮上してから、後ろにつかれない様、ペースアップし9分20秒のラップタイムで走る事ができ、前の渡辺選手に少しずつ接近していました。
15周目には渡辺選手がミスをし、2位に浮上しました。
16周目のラスト1周でスパートし、ベストラップを刻みましたが、渡辺選手にパスされましたが、離されずついていくも、ミスをしてしまい一気に離され3位でゴールしました。

jncc1_1

レースを終え、自分の走りの課題やマシンのデータが取れた良いレースだったと思います。
今シーズン始まったばかりですが、次戦までに一つずつ課題をクリアし次戦に挑みたいと思います。

今回、レース参戦にあたり、オーナーの成田さんをはじめ、HONDA様、ダートフリーク様、テクニクス様、ダンロップ様、アライヘルメット様、レイバーペイントメント様、DIDマッドフィッシュデザイン様、ISA様、NGK様、SHOWA様、CARRY様、MXEE様、木工房KAZUKI様、ファイブスピード様、そして株式会社ミヤキ、N.R.Tの藤本さん、メカニックの肥後さん、家族、現地で給油や応援してくださった皆様に心よりお礼を申し上げます。

釘村 忠

2017JNCCプラザ阪下釘村忠

管理者 • 2017年4月3日


Previous Post

Next Post